MENU

40代アンチエイジング化粧品おすすめ|人気コスメ比較ランキング

40代女性の肌質の特徴と肌の変化とは?

40代女性の肌質の特徴としては、加齢によりコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやエラスチンなどが不足しがち、角質のバリア機能が衰えやすい、ターンオーバーの乱れや肌細胞の生成の遅れが生じやすい、女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れが肌に影響する、加齢により活性酸素が増加するので肌の老化が加速しやすいなどがあります。

 

そのことによる肌の変化としては、乾燥やたるみやしわやシミやくすみや毛穴の開きやざらつきやごわつきなどの肌トラブルが多発するということがあります。

 

悩まされているという人も多いのではないでしょうか。

 

加齢による肌の悩みは年々深刻になっていくものですので、早めにアンチエイジング化粧品でスキンケアをすることが大切です。

 

40代のアンチエイジング化粧品の選び方

40代のアンチエイジング化粧品の選び方についてですが、配合されている成分や成分の濃度、保湿力や肌への浸透力やうるおいキープ力の高さ、自分の肌質に合っているかどうかなどのポイントを押さえて比較することが大切です。

 

アンチエイジング化粧品は様々なメーカーやブランドから様々なタイプのものが販売されていますので、それぞれの特徴や総合力やコストパフォーマンスなども加味して選びましょう。

 

ランキングや口コミの評判などを参考にするのもおすすめです。

 

ランキングを見れば売れ筋の人気商品が一目でわかりますし、口コミは実際に使ったことがある人によるリアルな感想に触れることができるので使用感やテクスチャーや香りや効果のあらわれ方などの詳細な情報もゲットできます。

40代のアンチエイジング化粧水を選ぶポイントとは?

40代の化粧水選びにおいて大切なことは、アンチエイジング効果のある成分が使用されているか否かです。

 

今特に注目されている次のような成分が使用されたものだと間違いないでしょう。

 

まずはビタミンC誘導体です。

 

美肌のために欠かせないビタミンCを肌の奥深くまで届ける効果やコラーゲン生成を促進する効果があります。

 

次にプラセンタエキスです。

 

動物の胎盤から抽出された成分で、シミができるのを防いだり、活性酸素除去や血流の改善など幅広い美容効果が期待できます。

 

そしてフラーレンも重要な成分です。

 

非常に高い抗酸化力があり、その効果はビタミンCの約172倍と言われています。

 

最後はレチノールです。

 

ターンオーバーの促進やコラーゲンを増やす効果があります。

 

以上の成分が使用されているものを選ぶと良いでしょう。

40代のアンチエイジング基礎化粧品を選ぶポイントとは?

40代の肌の特徴として、乾燥が進みやすいことや紫外線ダメージからの回復が遅くなること、女性ホルモンの分泌低下やコラーゲンの減少、ターンオーバーの遅れなどが挙げられます。

 

そのためアンチエイジング効果のある基礎化粧品を使用して、少しでも肌の老化をケアする必要があります。

 

前述したビタミンC誘導体・プラセンタ・フラーレン・レチノールなどの美容成分が配合されたものを使用するようにしましょう。

 

肌の悩みは集約するとシミ・しわ・毛穴・たるみの4つに分けられ、シミはメラニン色素、しわ・毛穴・たるみは肌のコラーゲン量が減少することで起こります。

 

よってメラニンの生成を抑え、ターンオーバーを促してコラーゲン量を増やすことが大切となり、それにはこれらの成分が有効です。

40代のアンチエイジング美容液を選ぶポイントとは?

40代になると、これまでと比べ肌質が大きく変わりやすくなります。

 

乾燥が進むようになったり肌にハリが感じられなくなるなど気になる肌トラブルも多くなるため、使用する美容液も新たに選び直す必要があります。

 

選び方のポイントとしては、全体的なアンチエイジング効果に加えて自分の肌の悩みに特化したものを選ぶことが大切です。

 

肌の乾燥対策を行いたい場合は保湿成分が豊富なものを選んだり、シミやくすみが気になるのであれば美白成分が配合されているものを選ぶようにします。

 

加えて、使用されている成分の粒子が小さいものを選ぶようにしましょう。

 

いくら美容効果の高い成分でも粒子が大きくては肌の奥まで浸透することができないためです。

40代のアンチエイジング重視のオールインワン化粧品を選ぶポイントとは?

40代の肌にアンチエイジング効果のあるオールインワン化粧品を使用する場合は次の点を意識して選ぶようにしましょう。

 

アンチエイジング効果がある成分が使用されたものであることは当然ですが、加えて保湿力があることが大切です。

 

肌が乾燥してしまうとバリア機能が低下し、肌トラブルの元となります。

 

健康的な肌でいるためには保湿が欠かせないため、保湿成分がしっかりと配合されたものがおすすめです。

 

次に、使い続けられる価格であるかどうかも重要です。

 

毎日続けて使用しなければ効果は得られないため、予算オーバーなものを購入してしまうと最終的に使い続けられなくなってしまいます。

 

そのため継続して購入できる価格のものを選びましょう。

40代のアンチエイジングシャンプーを選ぶポイントとは?

40代になると加齢の影響が髪にも現れるようになります。

 

白髪や抜け毛が増えてボリュームが減ったり、ハリやコシ不足が気になるようになるなど変化が起こりやすくなります。

 

そのためアンチエイジング効果のあるシャンプーを使用することが大切です。

 

選び方のポイントとしては、髪や頭皮に優しい成分であることが重要です。

 

刺激が強いものや洗浄力が高すぎるものでは地肌に負担を与え、髪質を更に下げてしまいます。

 

できるだけ無添加で、肌に優しいアミノ酸系の洗浄剤を使用したシャンプーを選ぶと安心です。

 

また、髪や地肌の健康を促進してくれるケア成分が配合されたものを選びましょう。

 

必要な栄養素が補われることで、髪質が改善されることがあります。

40代の乾燥肌の方がアンチエイジング化粧品を選ぶポイントとは?

40代の乾燥肌の方がアンチエイジング化粧品を選ぶポイントとしては、とにかく保湿効果の高さを重視するということです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどの保湿効果が期待できる美容成分が高濃度で配合されているものを選びましょう。

 

化粧水はとろみのあるテクスチャーのものを選ぶのがよいでしょう。

 

ブースターをスキンケアに取り入れると化粧水の浸透力をアップさせることができ、角質層の奥深くまでうるおいを行き渡らせることができます。

 

オイルタイプのブースターを使用するとしっとりとしたモチモチのうるおい肌に導くことができますので積極的に取り入れてみましょう。

 

乳液だけではなく濃密なテクスチャーのクリームで仕上げるのも効果的です。

40代の敏感肌の方がアンチエイジング化粧品を選ぶポイントとは?

40代の敏感肌の方がアンチエイジング化粧品を選ぶポイントとしては、刺激から肌を守るために無添加タイプのものを選ぶということです。

 

合成香料や合成着色料やパラベンや鉱物油やアルコールや防腐剤や石油系合成界面活性剤などが使われていない低刺激で肌にやさしいもので、なおかつアンチエイジング効果が期待できるものを選ぶ必要があります。

 

化粧品を肌になじませる際の摩擦や刺激を最小限に抑えるためにオールインワンタイプのものを使用するのもおすすめです。

 

敏感肌の人は普通肌の人に比べてエイジングが進みやすいという特徴があります。

 

外的な刺激や心的な刺激を受けやすく、その刺激が肌ダメージとなりコラーゲンを破壊してしまうからです。

 

そのことにより肌環境が悪化してしまいエイジングが進みやすくなってしまうというメカニズムです。

 

ですので、化粧品で積極的なケアをして肌環境を健やかに保ちましょう。

40代のオイリー肌の方がアンチエイジング化粧品を選ぶポイントとは?

40代のオイリー肌の方がアンチエイジング化粧品を選ぶポイントとしては、油分が少なめでサラッとしたテクスチャーのものを選ぶということです。

 

皮脂の過剰分泌が気になる人は乳液やクリームやオイルなどの油分を含む化粧品のつけすぎに注意しなければなりません。

 

化粧水はみずみずしいサラッとしたテクスチャーのものがおすすめです。

 

乳液やクリームのベタベタ感や被膜感が気になる場合はジェルタイプの化粧品を選ぶのがよいでしょう。

 

頬は乾燥しているのに鼻や額などのTゾーンは脂っぽいという場合は乾燥により肌が自らうるおいを補おうとして皮脂を分泌していることもありますので、コットンやシートマスクなどで化粧水をなじませてたっぷりとうるおいをチャージすることも大切です。